So-net無料ブログ作成
検索選択
映画/TV ブログトップ

「殯の森」 [映画/TV]

昨年は1本も映画を見なかったので(見たい映画もあまりなかったけど)、今年はなるべく映画館へ足を運ぼうと思い、前から気になっていた「殯(もがり)の森」へ。
http://www.mogarinomori.com/

カンヌ映画祭グランプリ(審査員特別大賞)受賞した作品。
奈良の田原地区が舞台になっていて、自然がとてもきれいらしい。
…ということで、かなり期待して見に行ったのですが。

う~~~ん??(゜~゜)?
言いたいことはわかるような気はするけど…グランプリ???

まず、セリフがはっきりと聞き取れない。誰がしゃべっているのか、それがストーリーに関する重要なセリフなのかどうか、よくわからない。
説明されていない設定がたくさんあるようで、それを想像しながらストーリーを追うのに、かなりのエネルギーを要します(^-^;

軽度認知障害の人を集めたグループホームが舞台になっていて、そのへんで見たことのありそうなじいちゃん、ばあちゃんがたくさん出てきます。それらの人が背景でわやわやと勝手にしゃべっている(笑)。そのあたりはかなりリアリティを感じます。
緑豊かな自然に囲まれたグループホームってすてきだけど、入所するの高そう…。こういうところの介護福祉士の人たちは交代で当直しているんだろうか。認知障害の人のお世話は大変なんだろうなぁ…。
…なんてことばかりが気になっていました(^-^;
次にどういう行動をとるか予測できないような認知障害の主人公を演じるうだしげきさんの演技はすごかったですね~。

途中、グループホームに説法に来た住職に、主人公のしげきが「私は生きているんですか?」とたずねます。住職は「生きるというには2つあって、ひとつはごはんを食べること、そしてもうひとつは生きると実感すること」というような会話がなされます。これがこの映画の要なのでしょうね。
後半は主人公の2人(しげきと介護福祉士の真千子)が森の中へ入って、それぞれに「自分の生きる意味」を見つける流れになるのですが……。

…最後、寝てました・・・;;_|̄ ̄|〇 il||li

多分寝ていたのは5分ぐらいだと思うんだけど、気がついたらスタッフロールが流れていた;;
ラスト、どういう風に終わったんだろう~;;;
真千子は自分の「生きる」を見つけることができたんでしょうか?

主演を演じたうだしげきさんは、普段は古書喫茶「ちちろ」http://www2.odn.ne.jp/chichiro/のお店のマスターさんです。
うだしげきさんが河瀬直美監督と知り合いで、監督の「映画にでてみない?」という誘いから主演が決まったのだとか。

…ということを知った私は、11月に奈良にお出かけした際に、ミーハー気分で(笑)お店をたずねてみました♪

お店の扉を開けると、「いらっしゃいー」とうださんの声。
「しげき」と名前の入ったエプロンをされていました。かわいいー。
素朴なやさしそうな人でした。気さくでおしゃべり好きみたいです。
店内はこたつ、火鉢、部屋いっぱいの本棚…となんとも懐かしいアイテムでいっぱい。
本棚には、子供のころに読んだ名作や偉人伝の本もいっぱいあって、自由に手にとってみることもできます(^-^)

お客さんがくるごとに挽いて煎れるコーヒーが薫り高くてとてもおいしい。
黒豆の入ったパウンドケーキは、和の風味がしました。

ただ、とーってものんびりなので、オーダーが通るのに少々時間がかかります(笑)。
でも、そんなのんびりゆったり過ごす時間も貴重だなーと思ったり。

知り合いのおっちゃんの家に遊びにいったような感じがして、またいきたいなぁ~と思える、おすすめのお店です♪

ならまち文庫 古書喫茶「ちちろ」


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「UDON」 [映画/TV]

26日公開の「UDON」を見てきました(・▽・)ノ 
http://www.udon.vc/movie/
すっごい楽しい映画でした!(若干ネタバレあり;)

NYでお笑い芸人をめざしていた主人公香介が挫折して一度は捨てた故郷香川に帰郷。 タウン誌の編集に就職して、讃岐うどんブームをひきおこす。ブームが去ったあと、実家の製麺所を継ぐ決心をするが・・・。(うわー;あらすじ下手!!(>□<)

「恐るべきさぬきうどん」が元ネタになっているようですねー。

恐るべきさぬきうどん―麺地巡礼の巻

恐るべきさぬきうどん―麺地巡礼の巻

  • 作者: 麺通団
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 文庫

映画の中にでてくるうどん屋はホンマもんの香川県にあるうどん屋さんです。うどん屋や製麺所のおっちゃん、おばちゃんが素のままでしゃべってるんですねー。とっても素朴!
それに対する役者さんたちも、実に自然な会話をしていて、演技とは思えないぐらいです。
実際に香川のうどん巡礼をしているような気分になりますよ。

…で、うどんがおいしそうったら!!!(>◇<)

映画館のロビーに讃岐うどんの屋台をだしたら、絶対もうかるよ!!
映画の途中でも食べにいっちゃうよ!!!

3年前の夏、四国に旅行に行ったときに香川県在住の友人にうどんを食べに連れて行ってもらいました(ちょうど讃岐うどんブームのころですね(^_^;
セルフのお店と、製麺所。
釜玉がうまかったなぁ~~vv 
セルフのお店では自分でダシをかけたり、天ぷらを選んだりね。会計は自己申告制。自分で自分のうどんを完成させる・・というところがすごく楽しかったのです。
関西のうどんとはちょっと「別物」なんですよね。

映画の中でも、うどん巡礼する主人公達が、それぞれの店のルール(ネギは外の庭に自分でとりにいくとか)に素直におどろいたり、感動したり。
そんな様子がとても共感できたのです。

その旅行のときに行った宮川製麺所が映画の中にでていたし、「あ、ここ知ってる?」な風景もそこここに見られて、ちょっとなつかしい気分に。
ああ、また香川に行きたいかも~(^▽^)v


(宮川製麺所で食べたうどん、なすと半熟卵の天ぷらをトッピング/2003年7月)

ヒロイン役の小西真奈美さんもかわいいし、脇を固める役者さんたちもすごくいいです。
主人公の香介がわずか数週間で父と同じような麺を打てるようになる・・・という部分は、ちょっと出来すぎだなぁ~と思いますが、笑いあり、涙ありのエンターテイメントな映画に仕上がっています。

今夜はさっそくうどん(冷や冷やで!)を食べますよ!!(^0^)v


nice!(11)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「県庁の星」 [映画/TV]

「県庁の星」を見てきました(・▽・)ノ

織田ちゃん、久しぶりー。
・・・なんかやせちゃって・・・(/_;)
まあ、そういう役なんですが(笑;)

県庁のエリート公務員の主人公は、半年間の民間研修にだされることになり、三流スーパーに派遣される・・・。
ストーリーは予告で見たとおりのもので、あまりひねりもなく。
それでも、主人公とスーパーの店員たちの心が通いあって、一緒にスーパーを立て直そうとするシーンは素直に楽しめます。
ラストは、必ずしも全てが解決してのハッピーエンドというわけではないのが残念。
夢物語でもいいから、も少し盛り上がりがほしかったような気もします。

でも、最初ギスギスしたエリート県庁職員の硬い表情だったのが、ラストになってほんのり笑顔になるのがすごくいいのですよ(^ー^)

県庁の星 1 (1)

県庁の星 1 (1)

  • 作者: 桂 望実
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/02/17
  • メディア: コミック

コミックスがでていたので買ってみました。
最近、小説や映画からのコミックス化が多いですね~(逆もですが)。
映画とは若干エピソードの違うものもあるけど、これはこれでOK。
映画の雰囲気も損なわずになかなかおもしろかったですよ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「THE 有頂天ホテル」 [映画/TV]

久しぶりにゆっくりした休日のような気がする…(´▽`)
朝から二度寝したあと、映画「THE 有頂天ホテル」を見に行ってきましたv

作品の批評自体はすでにあちこちにされているので割愛して…。
なかなか楽しい映画でした!
本当に豪華なキャストで。
たくさんの人がからみあいながら、最後にはひとつにまとまっていくところがよいです。
ラストはまさに大団円という感じ…かな。

慎吾くんがなかなかがんばっていましたよ。歌もワリと(笑)上手でした。
筆耕係のオダギリジョーさんがいい味だしていました。
アシスタントマネージャーの戸田恵子さんがかわいかったです。
そして、役所広司さんはやっぱりステキ…こんな上司がいたら惚れるだろうな…きっと(^ー^〃)

見る前に期待していた、どわーっと笑うような笑いじゃなかったんだけど。
人間の弱いところ、かっこ悪いところも描きつつ。
それでも人間って結構かわいいところもあるじゃん?
・・・そんな風に思わせてくれる映画でした。

・・・・・・・
そういえば、この年末ははじめてホテルでNew Yearをむかえたのでした。
カウントダウンパーティーをもりあげようとしたり、お正月飾りの準備とか、ホテルの人たちは大変そうでした。
母が元日の朝に配られた枡酒の「マス」を持ってかえりたいとわがままを言ったり(笑)
レンタカーがパンクしているのに気づかない客(私です…_| ̄|○ lll)にかわって、タイヤ交換をしたり(笑)
でも、若いホテルマン・ホテルウーマンたちが、自分の仕事に誇りを持って、お客様を家族のようにあたたかくむかえようとする姿に、こちらまで気持ちがよくなったものです。
大変だろうけど、すばらしい仕事ですよねv


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒビキさん~最終回(:_;) [映画/TV]

「仮面ライダー響鬼」最終回。

・・・・・・
・・・・・・・・・えーと・・・

オロチはどうなったんですか???(←笑;)

風呂敷を大きく広げすぎてまとまりきらなかったというか、少々消化不良気味な感じが・・・。
まだまだ続きがあるような気がします。

「仮面ライダー響鬼」は、素質とか血筋とかじゃなくて、自分が望んで鍛えれば「鬼」になれるという設定がとても新鮮でした。
ラスト、明日夢くんがヒビキさんに憧れつつも鬼になることを望まずに、自分の生き方を見つけられてよかったな~と思いましたv

私もサポーターとしてヒビキさんのそばにいたいよ~~(/-ー-)/vv

どうでもいいけど、気になって仕方がない疑問がいくつか・・・
*明日夢くんはブラスバンドへの未練はないのかな?しょっぱい思い出としてもう終わっちゃったの??
*もっちーは親戚のおにいちゃんであるトドロキくんが鬼であることを知らないままなんでしょうか?
「たちばな」のみんなが猛士であることも知らないまま?自分だけ知らされなかったって、あとでわかったらすごーくショックなんじゃないかな?もっちーのことが心配で心配で・・・;
*そもそも猛士の本部ってどんなところなんだろう?全然でてこないから、なんとなく真実味が乏しく感じちゃいます・・・。
*猛士(たけし)って聞くと、「たけし軍団」を思い出すのは私だけ・・・?(・・・_| ̄|○ iii)

つっこみどころ満載ながらも、毎週日曜日がすごーく楽しみな1年でした。

…で…
最後に出てきた「謎の男女」はなんですかーーΣ(゜□゜)?!

めちゃくちゃ気になるんですけど・・・;;

まだ続きがあるんですよね??
続編とか、Part2とか、番外編とか。
・・・きっと・・・。
細川茂樹さんも「ご要望があれば出動できるように鍛えておきます!」って言っておられますしねv
(もっと見たい・・・ってところで終わっておくのがいいのかもしれませんが・・・)

期待していますから・・・シュッ〆 (←笑;


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
映画/TV ブログトップ